モビリタ休館中・・😪 連載 VOL⑬

🍀 VOL.13 『スタッドレスタイヤ 』


こんにちは~!! モビリタインストラクターです👨

ブログの内容を何にしようかな~!って悩みました!

悩みに悩んだ結果・・・「スタッドレスタイヤの制動距離」に致しました!


・・・・と言う事で早速本題へ行きたいと思いますが、そろそろ季節が変わって夏から秋へ、秋から冬へと、だんだんと寒くなり、雪のシーズンとなります。 

雪と言ったら!?雪見大福~!!!ではなくスタッドレスタイヤにフォーカスしていきます。

皆さまスタッドレスは毎年装着していますか?

スタッドレスタイヤのイメージはゴムが柔らかくて良く止まる!みたいに思っている方が非常に多いようです!

確かに氷上や雪上では夏タイヤに比べたら制動距離(ブレーキしてから止まるまで)は短く性能は非常に有効ですが・・・

実は!! アスファルトの上では止まりません!!!

正確には夏タイヤに比べると制動距離が伸びてしまい性能は夏タイヤより劣ってしまいます。

そこで今回制動テストを実施して皆さまに知って頂きたいと思います。

制動テストは時速100kmからフルブレーキをして夏タイヤとスタッドレスの制動距離を比較致しました。 

時速100kmブレーキポイント→急制動(フルブレーキ)→完全停止


 夏タイヤの場合・・・


ブレーキポイントから41m80cmで停止


 スタッドレスの場合・・・ 

ブレーキポイントから46m60cmで停止


お分かりいただけましたでしょうか???


そうなんです!夏タイヤ41m80cmに対してスタッドレス46m60cmと約5mもの制動距離の差が生まれました!! 

※前車:スタッドレス   後車:夏タイヤ


意外と知られていない真実なんです!

スタッドレスの方が短く止まれると思っている方が非常に多くてビックリ!

スタッドレスもったいないから夏タイヤとして使えるらしいから夏も履いておこっかな~って思っているそこのあなた!!! 気をつけて下さい!!!

夏タイヤに比べてアスファルトの上ではスタッドレスは性能が劣っている事!

知っておいて下さい!!


今回はウエット(水で濡れた路面)での制動距離、またマークXでこのタイヤこの路面での制動です。 実際はもっと滑りやすい路面であったり、ワンボックスや軽自動車など車種によっても制動距離は大きく変わります!

直線的な試験でしたが、何気ない普段のカーブで、交差点で「まがりきれないーーー!!」なんて事に・・・・ こういった知識は皆さまの判断する力に変わります!!


「今日はスタッドレスだから、いつもより速度落として走ろうかな~」

「いつもより車間距離を取って走ろうかな~」

「いつもより早く出発しようかな~


普段以上に3つのゆとり・・・

速度のゆとり・・・

車間のゆとり・・・

気持ちのゆとり・・・


忘れずに安全で楽しいカーライフを✨

0コメント

  • 1000 / 1000