モビリタの夏休み

8月の中旬、「お盆休み(夏休み)」を取られた方もいらっしゃるかと思いますが、
モビリタでも11日(土)から19日(日)までの間、講習をお休みさせていただきました。
この期間を利用して、施設のメンテナンスをしているんです。
昨年はコミュニケーションセンターの清掃の様子を紹介させていただきましたが、
(「舞台裏でモビリタを支える人たち/
今回は「低ミュー路エリア」の方に目を向けてみましょう。
モビリタの講習をお受けいただいた方はご存じでしょうが、このエリア、使用する時には大量の水を使いますが、この使った後の水、ただ流しっ放しではないんです。
一旦タンク(貯水槽)で回収し、(全部とまではいきませんが)50~60%程度循環させて再利用しているんです。
タンク内の水と泥をバキュームカーやポンプで吸い出し、中を空っぽにしてから、高圧洗浄機等を使って掃除をします。
水だけじゃなく泥とかも溜まりますから、散水した水をなるべく効率良く再利用できるよう、
このように年二回徹底的に掃除をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000