無料体験イベントを実施

2009年6月28日(日)。富士スピードウェイで開催された
「フォーミュラ・ニッポン第4戦」で、無料体験会を実施しました。
レース当日は、あいにくのお天気にもかかわらず、
およそ13,900人の皆さんが富士スピードウェイに詰めかけました。
モビリタでは、参加者の皆さんがハンドルを握る
「低ミュー路におけるABS、VSCの効果体験」と
インストラクターの運転でフラットコースを走行する「同乗体験」を実施。
レースファンの皆さんに、ふだんモビリタで行っている安全運転プログラム
「トヨタ ドライバーコミュニケーション」の一部を体験していただきました。
○低ミュー路におけるABS、VSCの効果体験
参加者の皆さんの運転で、雪道のように滑りやすい低ミュー路を走行。
ABSとVSCをONとOFFの状態で、限界を越えたクルマの動きやABSやVSCの効果などを体験していただきました。
○同乗体験
インストラクターが運転する講習車に同乗してフラットコースを走行。
バンク走行や高速フルブレーキング、低ミュー路走行などを体験していただきました。
今回もたくさんの皆さんが無料体験に参加してくれました。
体験された皆さんからは「新鮮で、新しい体験ができた。」「VSCの効果がわかった。」
「貴重な体験ができた。」「ふだんできない体験ができた。」など、
多くの感想をいただくことができました。
ご参加いただいた皆さん、お天気が思わしくないなか、
モビリタへのご来場ありがとうございました。
さて、本コースのメインストレートでは、決勝レース直前に、
SUPERタイヤ転がしGP日本一決定戦が行われました。
第1回目の今回は、10チーム60名が参加、
6人1組のリレー形式でF1用のタイヤを転がす「速さ」を競いました。
参加者がゴール直前で転倒するなど白熱したレース展開に
場内が大いに湧いたそうです。
モビリタでは、富士スピードウェイで開催される大きなイベントに併せて、これまで何回か無料体験会を行ってきましたが、
このところ、参加してくれる皆さんが、少しずつ増えてきたように思います。
今後も、無料体験会や交通安全イベントなど、交通安全の輪を拡げていきたいと思います。
皆さんも、機会がありましたら、モビリタの安全運転プログラムに、ぜひ、ご参加ください。よろしくお願いします。
それでは、クルマに乗ったら、後席でもシートベルトを忘れずに。安全運転でいきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000