味の素スタジアムに出張しました

2008年10月11日(土)~12日(日)。
モビリタは、東京都調布市にある味の素スタジアムに出張。
「オールトヨタ体感フェア2008in味の素スタジアム」で、
交通安全イベントを実施しました。

東京都調布市にある味の素スタジアムで行われた
「オールトヨタ体感フェア2008in味の素スタジアム」は、
東京のトヨタのお店が集まる大商談会。
お目当てのクルマを見て、さわって、試乗できるとあって、
期間中およそ5,200人の皆さんが味の素スタジアムに足を運んでくれました。

「オールトヨタ体感フェア2008in味の素スタジアム」で行った
プログラムは次の通りです。
○トヨタ ドライバーコミュニケーションの同乗体験
○飲酒疑似歩行体験
○チャイルドシート取付けレッスン
○視界の確認
○模擬衝突体験
○子どもの視界体験

11日(土)、イベントがはじまった頃は、あいにくの雨模様。
ちょっと人出が心配でしたが、お天気が回復するにつれて参加者が増え、
同乗体験のコーナーには、いつの間にか行列ができていました。
インストラクターの運転するクルマに同乗、時速10kmほどの低速からピタッ!と急停止して、その衝撃を体験。
参加者からは
「こんなになるなんて。スーパーの駐車場でもシートベルトをしっかりしないと、とっても危険なことがわかりました。」
「ぼくもジュニアシートにしっかり乗ろうと思います。」
「低速でもすごい衝撃だった。」
などなど、シートベルトの効果について、実感のこもった感想をいただきました。
また、飲酒疑似歩行体験のコーナーでは「未成年でもいいですか?」と、やって来た子どもが、
その感覚に驚きながら「お酒ってこわいね。」と感想をもらしました。
お酒に慣れた、私たち大人にとっては、なんだか新鮮で、チクリとくるヒトコトです。
子どもたちが成長して、おいしいお酒を飲むようになるまで、10年とちょっと。
それまでに、私たち大人は、飲酒運転をどのくらい撲滅できているのか。道路を安全なところにできるのか。
意識を問われているような気がしました。

「オールトヨタ体感フェア2008in味の素スタジアム」の開催は、今回が5回目。
そろそろ地域に根ざしたイベントとして定着できたでしょうか。
体験型の交通安全コーナーやアトラクションなど、今回はじめて実施したコーナーでは、
親子で週末を楽しむ姿が多く見られました。
クルマの販売に関するイベントで、交通安全を呼びかけて、直接、皆さんと接することは、
楽しいというかうれしいというか、モビリタのインストラクターとして、大きな喜びを感じます。
これからもいろんなところ、皆さんの近いところに交通安全を「出前」していきたいと思います。
そろそろ、紅葉がきれいになる頃ですね。
自然の美しさに見とれるときは、安全なところにクルマを停めて、ゆっくり、じっくり拝見させていただきましょう。
それでは、皆さん、秋のドライブシーズン、クルマに乗ったら後席でも必ずシートベルトをして、安全運転でいきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000