無料体験イベントを実施

2008年8月31日(日)。
富士スピードウェイで開催された「フォーミュラ・ニッポン第7戦」に合わせて、
モビリタは無料体験会を実施しました。

当日は、お天気に恵まれ、富士スピードウェイには、
およそ22,500人の皆さんが集まりました。モビリタでは、
参加者の皆さんが運転する「低ミュー路におけるABS、VSCの効果体験」と
インストラクターの運転でフラットコースを走行する「同乗体験」を実施。
ふだんモビリタで行っている安全運転プログラム
「トヨタ ドライバーコミュニケーション」を、ちょっとだけ体験していただきました。
○低ミュー路におけるABS、VSCの効果体験
参加者ご自身の運転で、まるで雪道のように滑りやすい低ミュー路などを走行。
スリップするクルマの動きやABS、VSCの効果を体験していただきました。
体験後「スピンしにくくなったよね。」などと、友だち同士で話し合う姿もあり、
皆さん、それぞれ何らかの収穫があったようです。

○同乗体験
インストラクターが運転する講習車に同乗して、スラローム、高速ブレーキング、バンク走行、低ミュー路ブレーキング、
低ミュー路走行など、ふだんモビリタが行っている安全運転プログラムの一部を体験していただきました。
体験された方から「非常にいい体験ができました。ありがとうございます。」と、お礼の言葉をいただきました。
こちらこそ、ご参加いただき、ありがとうございました。

今回は、夏休みだったからでしょうか、
子どもたちの参加が多かったように思います。
同乗体験を担当したインストラクターによると、
特に高速フルブレーキングなど、体に大きな負荷が加わるとき、
ほとんどの子どもたちはシートベルトに体をあずけていて、
自分で自分の体を支えることができなかったそうです。
やはり、私たち大人とはちょっと違うようですね、
子どもたちのためにも、やさしい運転を心がけましょう。

雲の間から、時折、太陽がのぞいたり、まずまずのお天気でしたが、
15:00頃だったでしょうか、急に大粒の雨が落ちてきました。
本コースで行われていたサポートレースも中断になるほどの土砂降りです。
結局、雨は暗くなるまで降り続き、モビリタの無料体験会もレースのほうもビショビショのままおしまいになってしまいました。
富士スピードウェイに、たくさんの皆さんが集まるときに行っている無料体験会。
今回、急な雨で参加を逃した皆さん、また次の機会に会いましょうね、よろしくお願いします。
さて、皆さん。夏休みはいかがでしたか?楽しい思い出をたくさんつくることはできましたか。
それでは、ゲリラ豪雨に気をつけて。クルマに乗ったら後席でも必ずシートベルトをして、安全運転でいきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000