愛知県岡崎市に出張しました

2007年3月17日(土)。イオン岡崎ショッピングセンターで「交通安全イベント」を行いました。当日は晴れていましたが、冬に逆戻りしたのかと思うほど風が冷たい1日でした。それでも、正面入り口の前という“立地条件”が良かったからでしょうか。およそ500人の皆さんが積極的にイベントに参加してくれました。
今回はプログラムに「インスタントシニア体験」が加わりました。これは、加齢やケガなどによって、身体機能が低下した状態を体験するプログラムで、皆さん、熱心な様子で説明に耳を傾けていました。
そして、体験された皆さんからは
「動きづらく、急いで歩くことができない」
「これでは、階段をゆっくりとでなければ登れない」
「外したら足が軽くなった。スキーブーツをはいているみたいに足が重かった」
などなど、たくさんの感想をいただきました。
ご参加いただいた皆さんの体験を、お年寄りを思いやる、やさしい運転に役立てていただけるとうれしいです。また、今回の体験を、家族や友人など親しい人にお話したり、安全運転の輪が広がっていくといいですね。
当日、実施したプログラムは次の通りです。
○飲酒ゴーグルによる飲酒疑似体験
○インスタントシニア体験
○運転席からの視界の確認
○チャイルドシートの正しい取り付け方
○シートベルト&エアバッグ体験

若い親子連れの参加者が多く、チャイルドシートの正しい取り付け方に進んで参加する姿がたくさん見られました。また、視界の確認で使用していたパイロンがちょうど子どもの背の高さと同じくらいだったこともあり、運転席からの視界を確認して、思った以上に見えない範囲が広いことに驚いている方もいました。

どこかに出張して交通安全イベントを行うたびに、一般のドライバーやごく普通の歩行者の皆さんと直に接することができます。なかには安全意識の高い方もいらしたりして、いつもやり甲斐を感じます。さて、次の出張はどこになるのか?皆さんと会場でお会いできたらうれしいですね。よろしくお願いします。
今回、冷たい風のなか、ご参加いただいた皆さん、ご協力いただいたイオン岡崎ショッピングセンターの皆さん、ありがとうございました。では、皆さん。後席でもシートベルトを忘れずに。安全運転でいきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000