フラットコースの事始め@2007

2007年1月13日(土)、今年はじめてのプログラム実施しました。午前中、きれいな富士山に見守られて始まった総合トレーニングIIIは、少人数制ということもあって、募集を開始すると、あっという間に予約がいっぱいになる人気プログラム。この日も熱心な参加者の皆さんが、インストラクターのマンツーマンの指導を受け、トレーニングに励んでいました。

ちょっと雲が出てきた午後のフラットコースでは、総合トレーニングのメニューを半日に凝縮した半日体験を実施。参加した皆さんは「走る、曲がる、止まる」の限界を体験して、どんな「安全運転」を見つけたのでしょうか。この日の体験が、安全運転のレベルアップに、ちょっとでも役立てばと思います。
2006年の交通事故死者数は、6,352人。昨年より519人減り、6年連続で減少しました。交通事故死者数が6千人台前半にとどまったのは1955年以来およそ半世紀ぶりのことです。また、事故発生件数、負傷者数ともに昨年より減少し、増加傾向にはブレーキがかかりましたが、それでも負傷者数は1,097,591人。8年連続で100万人を超えています。

2007年は、もっと交通事故を少なくできるように、自分の安全も、まわりの人の安全も考える、やさしい運転を心がけましょう。後席でもシートベルトを忘れずに。2007年も安全運転でお願いします。


0コメント

  • 1000 / 1000