初めての半日体験

2006年6月24日(土)。第1回目の半日体験を実施しましたので、報告させていただきます。

梅雨の一時停止だったのでしょうか。当日は、朝のうち晴天に恵まれ、モビリタは、初夏を思わせる清々しい空気に包まれていました。初めての半日体験が楽しみだったのでしょうか、富士山も雲の上に顔をのぞかせてくれました(でも、プログラムが始まる頃には、雲の向こうに隠れてしまいました、残念)。

さて、総合トレーニングを約3時間で体験できる半日体験は、時間的にも予算的にも負担を減らして、できるだけ多くの皆さんに、もっと気軽に参加していただこうと始めたプログラムです。その通り、第一回目の今回は、参加者のほぼ全員が「モビリタは初めて」という皆さんでした。

朝9時ちょうど。神野さんの「おはようございます」のあいさつで、プログラムがスタート。オリエンテーションの後、そのままレクチャールームで、OHPを使い始業点検と死角の確認のレクチャーを行いました。
ちなみに、総合トレーニングでは、オリエンテーションの後、レクチャールームから車両保管庫に移動し、実際のクルマを使って、始業点検と死角の確認をしっかり行います。
その後、9時20分ごろには、フラットコースに出て講習車に乗車。
・運転姿勢の確認
・慣熟走行
・方向転換
・高速フルブレーキング
・低ミュー路ブレーキング
などのプログラムを体験しました。

今回の定員は12名。ひとり1台で講習車を使用するため、参加者の皆さんは待ち時間も少なく、効率的に全プログラムを体験できたようです。
また、半日体験には、9時からスタートする午前の部と13時からの午後の部があり、電車やバスなどでお越しになる方、クルマで遠方からお越しになる方には、その時間のメリットが大きいようでした。実際、バスを乗り継いで3時間以上かけていらした方、愛知県からいらしたご夫婦、奥さんが参加している間、ラウンジで旦那さんが子守りしていたご家族など、女性の参加者も多く、総合トレーニングとは、ちょっぴり違う雰囲気でした。

終了後、参加者の方に、お話しを伺いました。
●どうして半日体験を選ばれたのですか?
Aさん
「ペーパードライバーで、いきなり街中で運転するのはこわいので参加しました。本当は、総合トレーニングに参加したかったのですが、バスで来ると、朝の時間に間に合わないですし。なので、午後から始まる半日体験にしました。」
Bさん
「主人のすすめで参加しました。1日ですと、子どもをあずけないとムリなんですが、半日ですと、なんとかなりますから。」
Cさん
「運転のスキルアップが目的で。半日体験に参加すると、総合トレーニングIIを受けられるかと思ったのですがダメでした(笑)。」

●体験されて、いかがでしたか?
Aさん
「はい。落ち着いて運転できるようになりました。家のまわり、道が狭いんですが、大丈夫になったら、総合トレーニングに来たいです。」
Bさん
「やっぱり、普通は体験できなかったことが、体験できて良かったです。特に、ブレーキングが、私の認識と違っていたり、踏み込みが甘かったり、ためになりました。機会があれば、主人とふたりで、総合トレーニングに参加したいと思います。」
Cさん
「ABSもちゃんと踏めたし、ABSの効き目もわかったし、いい体験になりました。あぶない運転をしているわけではないですが、人にめいわくをかけられないので、いろいろな経験ができたことは良かったと思います。」
などなど、たくさんのコメントをいただきました。皆さんモビリタを体験すると、もっと安全運転を磨きたくなるのでしょうか。受付で総合トレーニングの日程を確認される方もいらっしゃいました。アンケートのほうでも、ほとんどの皆さんが「次は総合トレーニングに参加したい」と、お答えになっていました。いかがですか、半日体験。皆さん、どうぞ、お気軽に参加してみてください。


0コメント

  • 1000 / 1000