モビリタからの安全メッセージ発信!

2006年4月11日(火)東京駅にモビリタポスターを掲出。

前のモビリタ便りでもお伝えした通り、4月11日(火)、東京駅構内18ヶ所にモビリタから発信する安全メッセージポスターを掲出しました。掲出の期間は、1週間。17日(月)まで貼り出されている予定です。
さて、このポスター、文字だけのシンプルな構成ですが、アイデアも「何かモビリタらしいことはできないか?」と、シンプルなところから出発しました。ところが、ポスターづくりがスタートすると「せっかくだから、いろんな掲出場所に合わせて、いろんなことができないか?」とか「色も電車に合わせようよ」とか「駅を歩いている人もクルマを運転すればドライバー。よくよく考えてみると運転の安全も歩行の安全も、なんだか似てる。」とか、いろいろな意見やアイデアが続々と相乗りしてきて、結果、とてもおもしろいポスターなったと思ってます。
たとえば、「歩行中は、追い越されても平気だけど、運転中は、気になる。なぜだろう。」のポスター。確かに、歩いているときは、追い越されても、意識することがありませんが、クルマに乗っているときは、ちょっと気にする人が多いようです。それが、なぜなのか、みんなで考えても考えても、なかなか答えは見つかりません。でも、こうした矛盾に、運転のむずかしいところとか、人間らしい部分というか、何かが隠されているんだと思います。ぜひ、皆さんも「運転中、追い越されると、なぜ気になるのか?」いちど考えてみてください。
東京駅を忙しく行き来する人にまぎれて、ポスターを見ていると、さすがに立ち止まってじっくり見てくれる人はいませんでしたが、ずいぶんたくさんの方が、ちらっちらっと目を走らせながら、ポスターの前を通りすぎて行きました。「電車のときもクルマのときも、安全はたいせつ。」ちょっとでも、安全について考えていただけたら、うれしいです。
4月は、オールトヨタ交通安全月間を実施中です。皆さんも、安全運転で、よろしくお願いします。


0コメント

  • 1000 / 1000