高木虎之介選手がやってきた!

2005年6月11・12日。トヨタ レーシングドライバー ミーティングを開催。
6月11日(土)、12日(日)の両日、モビリタで初のトヨタ レーシングドライバー ミーティング を、スペシャルゲストに高木虎之介選手を招いて開催しました。 往年の全日本GT選手権チャンピオン・鈴木恵一塾長はじめ、モータースポーツ界でトップレベルの実力を持つインストラクターが受講者に直接指導。さらに高木虎之介選手も、トップレーサーならではのドライビングテクニックを披露して、楽しい運転のお手本を示しながら、安全運転の大切さを熱心に教えていました。
参加者の皆さんは、レーシングドライバーがクルマに同乗し、直接教えてもらえる絶好の機会とあって、真剣な表情で受講されていました。

午前は、コーナリング時に限界を超えてしまった際の「スライドコントロール」と、高速からのブレーキ操作をABS・OFFの状態で体験し、直線・旋回ブレーキのコントロールを修得する「ブレーキトレーニング」が行われました。
参加者とインストラクターが同じテーブルを囲んでのランチタイムでは、午前のトレーニングの感想や運転の経験談など、なごやかな会話が交わされていました。

午後、高木虎之介選手運転のマークXに同乗しての走行体験では、ワインディング低ミュー路をさまざまな走行法で繰り返し周回。ある受講者の方は、「車中で高木選手が絶えず安全確保の方法を具体的に説明してくれ、感動した。先を予測するドライビングのすごさを実感しました」と話されていました。
引き続き「スペシャルレクチャー」「コーナリングセオリー」の講習を受け、最後は今日のトレーニングの成果を試す「タイムトライアル」で締めくくりました。

「インストラクターが、私たち一人ひとりのレベルに合わせて丁寧に指導してくださって、大変ありがたかったです。感激の一日でした」
「余裕の広さの中で、思い切りクルマを振り回すことができ、自分の技術レベルとクルマの性能を体で実感できました。また参加したいですね」
など、ご参加の方々からうれしい感想をお聞きし、スタッフ一同もやる気倍増です。

0コメント

  • 1000 / 1000