初講習を開催しました。

2005年4月16日。第1回、総合トレーニングを実施。

4月16日土曜日。モビリタで初めてのトヨタ ドライバーコミュニケーション「総合トレーニング」が行われました。初めての講習に意気込み朝早くから準備を進める中、講習開始の何時間も前から参加者の方が次々に到着。スタッフの間で「講習開始」の雰囲気が徐々に盛り上がりました。早めに到着された皆さんにはコミュニケーションセンター1階の展示コーナーをご覧いただいたり、ラウンジで過ごしていただきました。
午前10時に講習スタート。今回は、3月1日の予約開始と同時にお申込みいただいた方がほとんどで、皆さん、たいへん熱心に受講していただきました。クルマを乗り降りする参加者の皆さんの様子を見て、「いよいよ始まったんだなあ。」と、思いを新たにしました。
講習が終わったのは午後5時。最後に、神野チーフインストラクターから、一人ひとりに修了証をお渡しして握手。長い時間、お疲れさまでした!

ご参加いただいた方に感想をうかがいました。
「ABSやVSCの意味やうれしさがよくわかりました。また、ブレーキをガツンと踏んでもいいんだということも、よくわかりました。今後の安全運転に役立てます」
「トヨタ流の運転を学んで、自分の運転を見直してみたくて参加しました。やはり運転には、モラルや気配りが大切なんだと思います」
「普段できないような体験がたくさんできてよかった。もっと別のタイプのクルマや、自分のクルマで、こうした体験ができればと思います」

さっそくご参加いただき、ありがとうございました!
モビリタは、まだ始まったばかり。これからもっと良い講習会を目指してがんばりますので、どうぞよろしくお願いします。


0コメント

  • 1000 / 1000